逆に時間の使い方が上手なキャバ嬢にはどのような特徴があるのでしょう。
いくつか紹介しますね。

時間の使い方が上手な人は常に2つのことを同時進行

第一にスキマ時間を有効活用しています。
例えば料理をしながら流行りの音楽を聴いたり、電車での移動中に新聞や雑誌などでキャバクラでの会話のネタを探したり、常に2つのことを同時進行して有効活用しています。
接客のためには情報収集や自分磨きが必要です。
ちょっとの間でも塵も積もれば山となりますので、稼ぎにも大きな差が生まれてくるはずです。

逆算して計画的にスケジュールを立てている

次に計画的にスケジュールを立てています。
今日やることだけではなく、これから1週間、1ヶ月で何をすべきか、1年で何を達成するのかを考えて、そのために今何をすべきかを逆算するということをしています。

いつでもゴールとタイムリミットを決めて動いているんですね。
こうやって動くことで「xx円稼ぐ!」という目標達成に向けたモチベーションを維持することにもつながります。

やることを後回しにせずすぐ実行

そしてすぐにやらなければならないことを整理し、やることを後回しにしない、思い立ったらすぐ実行するということも挙げられます。
どうせやるべきことなら先にパパッと済ませてしまって、「いつかやろう」や「後でやればいい」なんて言葉は出てきません。

とにかく行動力があって、いつも何かを追い求めて動いています。
時間を先取りして自分のフリータイムをつくることによって、心に余裕ができたりリラックスタイムに活用できたりすることができるんですね。

キャバクラだけではなく一般の仕事でも同じことが言えます。
少しの積み重ねによって、出世や稼ぎにとっても大きな差がでてくるんです。